林田学の経歴について | ホームページや映像作成を行う便利なツール|万能通

ホームページや映像作成を行う便利なツール|万能通



林田学の経歴について

林田学は1956年長崎県に生まれ、法学者や大学教授、元弁護士や法学博士といった幅広い肩書きを持つ人物です。林田学は1985年に東京大学大学院法学政治学研究科博士課程を修了し、放送大学専任講師や東洋大学法学部教授を務める傍ら、コンサルティング会社を経営し、法律事務所を開設したり書籍を執筆したりもしました。林田学は現在様々な活動を行っています。政府系委員会委員を務めたり、視覚から情報を得ることが難しい人々のための音訳活動や、東京パラリンピック支援活動も行っています。また薬事法ドットコムを通じた就労支援や、医療・訪問販売などのトラブル相談のなんでも110番も行っています。さらにニューヨークにて林田文化交流財団を設立しました。

林田学はこれまでに何冊もの著書を執筆し、中にはビジネス書週間ブックランキングにて一位を獲得した本もあります。この本のタイトルは「ゼロから始める、4年で年商30億円の通販長者になれるプロの戦略」というもので、特に健康美容通信会社は必読と言われている本です。この本は林田学のオフィシャルホームページからも購入することができます。この他にも数多くの書籍があり、1995年には「PL法新時代」や「住まいとPL法」といった書籍をはじめとするPL法関連の書籍が複数冊発表されました。また1999年には「企業情報の公開と秘密保持」が、2001年には「情報公開法」が発表され、早稲田経営出版からも「国際私法」や「民事訴訟法」が出版されています。

Copyright© 2015 ホームページや映像作成を行う便利なツール|万能通 All Rights Reserved.